弓張型和紙提灯|提灯の名入れから販売は専門店にお任せ下さい!店舗看板やお祭りちょうちん・イベント用まで幅広く激安にて特注作成いたします。オリジナル製作のご相談はお気軽に。

卸価格にて特注制作!お見積りはこちらから

弓張型和紙提灯

テレビの時代劇等で御用と名入れされた姿を見る、取っ手が付いた弓張提灯は竹弓の弾力を利用し、火袋を上下に張って安定させています。

お祭りの際に御神輿に付ける、結婚式の際に両家の名入れを施し製作、お子様の名前を入れ出産等のお祝いに渡すなど、様々な用途で活用される一方、最近では、観光地のお土産として、印刷により大量製造されます。

取っ手がある事で使用方法も多岐に渡り、店舗装飾、電灯、看板や表札だけで無くお土産などの物販として活用される、年齢や用途に問わず、制作依頼の多い人気提灯です。

弓張型和紙提灯の種類一覧

高さや形状に様々な物がある為、お客様のご希望に即した格安オリジナル作成のし易い、ちょうちん素材をご用意しておりますので、用途に最適だと思われる形状であり、大きさをお選び頂き、特注オーダー製作をお楽しみ頂けましたら、幸いに思います。

なお弓張型和紙提灯は、取っ手が付いている製造される物なので、特に小さい物になりますと、贈り物としてオリジナル制作を行って頂けますので、個人様のそうしたご要望に関しましても、通販だからこそ出来る激安価格にて弊社は作成販売を行います。

●六分長弓張提灯

サイズ:直径10cm×全長40cm

詳細はこちら

●細弓張提灯

サイズ:直径12cm×全長50cm

詳細はこちら

●中太弓張提灯

サイズ:直径13cm×全長50cm

詳細はこちら

●大太弓張提灯

サイズ:直径14cm×全長50cm

詳細はこちら

●極太弓張提灯

サイズ:直径15.5cm×全長50cm

詳細はこちら

●丸寸口弓張

サイズ:直径14cm×全長50cm

詳細はこちら

●中太ブラ

サイズ:直径13cm×全長50cm

詳細はこちら

●スーパージャンボ弓張

サイズ:直径19cm×全長62cm

詳細はこちら

●九子弓張提灯

サイズ:直径24cm×全長38cm

詳細はこちら

●尺子弓張提灯

サイズ:直径26cm×全長40cm

詳細はこちら

●特上九子弓張提灯

サイズ:直径25cm×全長40cm

詳細はこちら

●七丸弓張卵型提灯

サイズ:直径19cm×全長44cm

詳細はこちら

●八丸弓張卵型提灯

サイズ:直径21.5cm×全長50cm

詳細はこちら

●九丸弓張卵型提灯

サイズ:直径24cm×全長55cm

詳細はこちら

 

経験豊富な提灯専門スタッフがお客様をサポートします。フリーダイヤルからも無料お見積もり・ご相談お受け致します。

ページトップへ

弓張型和紙提灯の使われるシーン

手に持って使用する事が出来るのが、弓張型和紙提灯の最大の特徴だと言えますので、全サイズ共通して、製作される用途に合わせて、各種お祭りに使用されております。また、定番の見た目だと言える中太弓張や九子弓張などは、店舗装飾やイベント用として製造され、親しまれます。

いずれのシーンでも、弓張型和紙提灯にしか出来ない取っ手を使用した活用方法で、時には勇壮に、時には優しく、その柔らかな灯りを放つと共に、しっかりと名前が目立つ様に、販売促進が行える様にと、名入れされた文字を強くアピールする、特注オーダー制作が可能です。

通常の堤燈とは、その様相が違いますが、弓が張られ、取っ手が付いている事で、使用されるシーンが想像し易いのも特徴だと言えます。

弓張和紙提灯の用途別おすすめサイズ

弓張型和紙ちょうちんは、取っ手が付いている事で、その活躍の場面を押し広げ、様々なケースでオリジナル作成のベースとして、名入れを施され、製作されております。和紙と言う素材である以上、プリントや印刷と言った物には出せない文字の深みを、見る事が出来ます。

弓張型和紙提灯のオリジナル製造を格安で行う際には、弊社までお気軽にご相談頂きたいと思います。

経験豊富な提灯専門スタッフがお客様をサポートします。フリーダイヤルからも無料お見積もり・ご相談お受け致します。

提灯卸問屋

お急ぎの方や提灯制作のご相談は

店舗装飾まるっと一括お任せ下さい。
店舗装飾の詳細はこちら

業界初!各種装飾に最適なフルカラー提灯!
フルカラー提灯の詳細はこちら

提灯お見積もり依頼

楽々無料お見積もりフォームはこちら

WEBフォームからのお問い合わせは下記よりお気軽に

提灯製作のお問い合わせフォームはこちら

メールアドレスでのご相談・ご連絡は下記よりお気軽に

info@order-chochin.com

提灯のオリジナル制作実績はこちら

提灯の特注製作にあたり
ちょうちんについて
運営会社について

ページトップへ